フォトアルバム

猫達

  • 2.奏音[かなと]
    我が家のお猫様
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

2012年5月19日 (土曜日)

広告表示

Blogを綴るにあたり、自分の中でルールがありました。

・書きたいときに書きたいことを書く
・政治、宗教については、原則触れない
・アフィリエイトなど、金銭が絡んでそうなモノは掲載しない

昨日から、サイト側の意向で広告が掲載されるようになってしまいました。
自分の中で結論は出ていませんが、恐らくBlogは更新しなくなるかも知れません。
今後はFacebookにて更新していく・・・そうするような気がします。

少々残念です。

2012年5月18日 (金曜日)

椎尾神社

仕事も忙しくなってきたので、なかなか歩く時間が取れなくなってきた。
そうだ! 時間は作る物だ! で、昨日から早朝ウォーキングを始めた。

523056_241555812613215_100002763932

その際必ず立ち寄る事にしたのが、山崎蒸留所奥にある椎尾神社(建立、奈良時代)。
蒸留所との所縁も深く、サントリーの創業者、鳥井信治郎氏は、ここの鳥居に
桜の花弁が積もっている
その様をイメージし、同氏最後であり最高の作品と
賞賛されたサントリーローヤルをブレンドしました。
ローヤルの栓は、こちらの鳥居からデザインされています。

美味い空気と小鳥たちの囀り、ウヰスキーの薫りと全身に浴びる朝日。
早朝ウォーキングは、今までに経験したことの無いような最高の気分が味わえます。

2012年5月14日 (月曜日)

演奏会のご案内

今月末、吹奏楽団さんの演奏会にエキストラ出演させて頂きます。

560473_138161712983833_100003700158

指揮者さんをはじめ、団員のみなさんが一致団結して頑張っておられます。
また会場付近には、サントリーの蒸留所をはじめ名水百選にも選ばている離宮の水
が愉しめる水無瀬神宮や大山崎山荘など見所ある場所も御座います。
宜しければ御来場下さいますようご案内を致します。

579885_238565702912226_100002763932

本当に吹奏楽は楽しい!

2012年5月 6日 (日曜日)

東日本大震災 復興チャリティーコンサート2012

昨日、ザ・シンフォニーホールで開催されたチャリティーコンサートに出演してきました。

20120505_018_2

オルガニストはあの土橋薫さん。その他、ソプラノでは名声高いプリマの並河寿美さん
バリトンには橘茂さん。ふぁごだと、東フィルの井村裕美さんやフリーランスの倉橋日出夫さん
などが参加。それ以外にも挙げればきりがないくらいのプロやアマの名手が集結。

20120505_020_2 20120505_012_2

536145_235021123266684_100002763932

会場/ザ・シンフォニーホール
開場 14:00 開演15:00 入場者数 1,600名以上
指揮 牧村邦彦 藏野雅彦 井村誠貴 高谷光信

第一部 ~亡くなられた方々に捧げる鎮魂歌~
 モーツアルト  アヴェ・ヴェルム・コルプス  
 プッチーニ   歌劇「マノン・レスコー」間奏曲  Fg2/降り番
 ジャゾット    アルビノーニの「アダージョ」  
 フォーレ   「レクイエム」より 

第二部 ~被災された方々への応援歌~
 グリンカ    歌劇「ルスランとルドミュラ」序曲   Fg1/Tb1アシ
 源田俊一郎  「ふるさとの四季」より 
 エルガー   威風堂々第一番(合唱付)  降り番/Tb1アシ
 レスピーギ  交響詩「ローマの松」より(合唱付)  Fg1アシ/バンダ

アンコール 
 モーツアルト 「レクイエム」よりラクリモサ  
 佐藤眞    カンタータ「土の歌」より 大地讃頌   Fg1アシ/Tb1アシ
 いずみたく   見上げてごらん夜の星を  Fg1アシ/Tb1アシ

20120505_021

妻とのオケ共演が現実となった夢のような演奏会。その喜びを復興への思いに込めて演奏した。

1611名のお客様から頂いた、歓声、拍手のシャワーは私の人生の中で最高の経験になりました。
実質前日のtuttiだけで曲を仕上げたのですが、出演者が強い絆で結ばれているような気さえした。
この演奏会で何かを成し遂げようと云う、強い意志があちらこちらで感じられました。

ここまで会場が一体となった演奏会は初めて。今思い出しても鳥肌がたちます。
関わった全てのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

2012年5月 4日 (金曜日)

夫婦初共演を控え・・・

私の妻は、ユーフォニアムと云う管楽器を嗜んでいます。
ご存じの方も多いとは思いますが、この楽器・・・
オーケストラで使用される事は、本当に希なのです。

「いつか夫婦揃ってオーケストラで演奏してみたい」
そんな叶わぬ夢を何年も抱いてきました。
そしてその機会は、突然やってきました!

過日・・・
コントラバス奏者の知人を通じて、震災復興オケの事を知ります。
募集要項を見ていると、ユーフォニアム奏者の募集が!
それを見つけたときの歓喜たるや、例えようが無いくらいでした。
結婚10周年のこの年の、それはそれは大きな出来事。
私達夫婦にとって、まさに奇跡!

本日の前日練習、そして明日が本番となりました。

沢山の音楽を生業とされている方々や音楽愛好家達の中で
下手くそながらも懸命に演奏しようと思います!
演奏できる喜びが在る事も然りなのですが、本来の目的は
そこでは無いのだと、改めて確認しようと思います。

この震災に遭われた数多くの方々への思いと復興への願いを、
演奏者やスタッフ、聴衆のみなさんや立ち会えなかった
方々など全ての方々と共有し共鳴しあいたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

管理人

2012年5月 1日 (火曜日)

三木ウィンド30周年記念演奏会

昨日拝聴に伺ってきました、三木ウィンドさんの記念演奏会。

20120430_019

やや勇み足を感じたものの、明るいサウンドで魅せたフェスティバル・バリエーション。
とても理性的な演奏で、時折、ロシアの音楽がちゃんと見えたスラヴ行進曲。
淡泊とやりすぎの狭間の、それはそれは絶妙なClaソロから始まった
ラプソディー・イン・ブルー。Pfは、多くのソリスト達が演奏するそれとはまた違った演奏で
とても折り目正しく演奏されていたのがとても好印象でした。ブラーヴォ!

20120430_021

客演指揮の斉田好男氏による第二部。
ピータールー序曲は素晴らしかった!!!!!  美味く表現が出来ないのが残念だが
見事なまでに「民衆が主役」なのだ。綺麗な演奏は沢山あるが、ここまで忠実にアナリーゼ
された演奏には、そうそう出会えないと思った。涙がボロボロと零れ落ち始め
気が付くと両手で目頭を押さえ、しまいにはタオルで顔を覆っていたほどに感涙した。

多くの友人知人や家族が出演している事に対し悔やまれた事は初めてだ。
本当は大声で叫びたかった! 「ブラーヴォ!!!!!!」と!!
ただ、私がそれをやると明らかに違和感と共に、変な憶測が生まれそうで出来なかった。
後に感動を伝えた時、指揮者や演奏者達は云った「おおいにやってくれ」と。

高 昌帥氏による委嘱作品「優しい花たちへ」は、美しさや優しさだけでなく、強さや激しさをもしっかりと
持った、何とも素晴らしい作品だった。この曲を仕上げた同団に拍手を送りたい。
舞台上から挨拶された高氏のはにかんだ笑顔が、氏の人の優しさを見せているようだった。

20120430_029

オーケストラにミュージカル
この世界では、感動したことを声や体で表すことがごく普通の事として行われている。
吹奏楽の世界にも、その習慣が根付けば良いなと思った。
最後に、私の中では最高のスタンディングと歓声で気持を伝えたい。ブラーヴォでした!

2012年4月26日 (木曜日)

オペラ出演決定

過日、出演の打診を受けていたオペラでの演奏出演が決まりました。

12373622_1614809778_151large_2

指揮は関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターであるゴギ先生。
氏の指揮で演奏するのは、某アマオケ様の演奏会でエキストラ出演させて頂いた
メンデルスゾーン「スコットランド」とドヴォルジャークの「スラブ舞曲10番」以来。
ソリストと合唱は、関西二期会のみなさん。勉強させて頂く姿勢で臨みたいと思います。

2012年4月25日 (水曜日)

震災復興オケ 予備練習

4月22日、震災復興チャリティーコンサートの予備練習がありました。
予備練習・・・本来、演奏会前日のtuttiだけで本番の予定だったのですが
譜読みと顔合わせをしておこうと云う意味で1曲当たり15分程の合わせが実施されたのです。

私が乗るのは
マノンレスコー(2nd)、ルスランとルドミュラ序曲(1st)、ローマの松より(1st・asi)、アンコール

398807_227356624033134_100002763932

オケは約半数がプロの音楽家と藝大音大関係者、コーラスはほとんどがプロの音楽家。
指揮者も常からプロオケなどを中心に振っている、本物のプロの指揮者ばかり。
初合わせと云っても「出来て当たり前」からのスタート。アマチュアではあり得ない程
ハイレベルな音合わせとなりました。私もまだまだ全然だめ。しっかりさらっておきます!

527971_396066377091598_100000647188
当日券は無いかも知れません。お志がおありの方は、一度問い合わせてみてください。

2012年4月22日 (日曜日)

新芽ふたたび

アマリー。一旦花を終え、根本から切ってやるも新しい芽が育ち。
再び可憐で愛らしい花を付けるのだと思うと、とても楽しみです!!

485246_226908060744657_100002763932

デビュー

4月19日 人生初納豆

535096_225803497521780_100002763932

落柿舎

4月18日
OFF 嵐山散策に出掛ける。落柿舎の青空がとても清々しくしばし立ちつくす

546709_225204050915058_100002763932

天満橋

4月17日
仕事帰りに大阪造幣局の桜通り抜けへ。

533926_224584347643695_100002763932

この写真を最後にケータイのバッテリーはLOW。ケセラセラ笑

Tulip

4月16日
咲き誇ってくれた。可愛いなぁ。

36552_223059744462822_1000027639325

愉しき吹奏楽

4月15日
エキストラ出演させて頂く吹奏楽団さんの合宿に参加

558678_222088714559925_100002763932

いつになっても吹奏楽は私の原点。楽しませて頂きました。

2012年4月13日 (金曜日)

今朝の窓辺

もうアマリリスの虜

12373622_1601192654_33large

酒屋さん、本当にありがとう!